アプリ名

ChronologyMaker


バージョン V1.0.1がリリースされました。

このアプリは、動画の撮影時に録画停止ボタンのような情報を非表示にして使うことができるカメラです。

このアプリでは、全画面に動画が表示され、そのほかの情報はほとんど表示されません。
表示される情報は、プレビュー中に設定に戻るボタンと、録画開始ボタン、録画中は録画停止ボタンの3種類のみ。
そして、それらを表示させるかどうかを設定で変更することが可能になっています。

iPhoneのカメラで撮影しているものを、そのまま、プロジェクターなどにミラーリングして表示することで、プレゼンなどでの使用に向いているアプリです。
この時に、撮影中の動画以外の表示をさせないようにすることができるので、プレゼンなどでの使用に最適です。

そのほかの機能として、拡大縮小、フォーカス、ポインタの表示ができます。

初期状態での操作
シングルタップ:フォーカス
ダブルタップ :録画開始停止
トリプルタップ:設定に戻る

2017年10月26日更新 V1.0.1

バージョン V1.0.1をリリースしました。
・ポインタ画像変更 ・不具合対応

PR